花は咲くか 著:日高ショーコ  第3話

こんばんわ!!

明日も一日元気に頑張りましょうね!! 連休2日目!!  頑張れ パパ達!!

昨日 晩御飯をたくさん食べすぎて 少し胃が持たれている私ですが、朝から水を沢山飲むことで少し良くなったように思います。

最近のひそかなマイブームは筋トレです。

筋トレといっても ガチの筋トレではないです。笑

ガチの奴は体系が変わるので そこまではしなくてもう少し優しい

奴ですね!!

 

筋トレのメリットとして

体を鍛えると どんな服にも似合う 服をきてなくても 美しく見えるなどの良いところがあります。 また、自分に 筋トレするぞ!!という

強い意識を義務化することによって すべてにおいて能力が向上しますし、体が強くなる!!

そんな素敵な人になれるように頑張っていますので、皆さんも何かチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!!

それでは今日も 紹介したいと思います。

 

■花は咲くか 著:日高ショーコ 1巻―第3話  版元:幻冬舎コミックス(バーズコミックス ルチルコレクション)
オーバーワーク気味なのか、年のせいなのか精気なく駅で電車を待つ主人公。
向いの番線で、容一と彼と親子程の年齢差の男性が親しげに話している。普段は無表情な彼が珍しく笑顔を浮かべていた。
桜井は初めて見る容一の表情と彼の傍らに立つどこかで見た顔に、引っかかりを感じる。

後輩にせがまれ同席した社用でのひと幕。相手先を待つ間も、机上で作業に勤しむ仕事人間ぶりを茶化される。
そうこうしていると、関係者が集結。その中に容一と談笑していた男性の姿が。広告業界の重鎮・柏木その人だ。
古民家のロケーションを要する企画だったが、例の下宿が撮影場所で驚く桜井。
柏木がセッティングしたというが、容一の父が親友であったことや下宿に住んでいたことを聞かされる。
大物プロデューサーの登場に興奮する後輩を尻目に、容一に大人げなさを常に指摘される主人公は大人の基準が柏木だったことに気付き胸中複雑に。
年を重ねて勢いを失わない大物と対峙し失速している自分に苛立っているのか?モヤモヤが彼の頭の中を渦巻く。
3話目、短っっ!!日高さんは休載や減ページが目立つ作家さんなんですよね…。該当の回だったか。
遅筆で有名なマンガ家さんですが、ここまで隙のなく丁寧に仕上げるのだから時間がかかるのも無理もないのかも?!

ここまできてHどころかキスもハグもナシ。(追々でしょうけど)ストーリーと画力で読者を惹きつける日高さんのタレントを感じます。

桜井の心に波が立っていました。
過去の栄光しかない自身に憤る以外、自分に興味があるはずの容一の笑顔が別に向けられていたことも影響している様子。
攻め・受けがネガティブな感情とは別の意味で意識し始める展開が見えてきました。

 

花は咲くか 著:日高ショーコ 1巻―第2話

花は咲くか

花は咲くか 著:日高ショーコ 1巻―第2話  版元:幻冬舎コミックス(バーズコミックス ルチルコレクション)
美大生との出会いから3か月。
桜井は苦手意識のある彼を避ける様に玄関からでなく庭から菖太を訪ねるが、家主に出くわし不法侵入的な真似を非難される。
喧嘩腰になるも訪問相手不在のため退散。後味の悪さとは別の感情が心をかすめる。

輩に頼りにされていると思いきや、陰で予定調和的な仕事ぶりにダメ出しをされる主人公。凹み気味で家路につくと菖太から連絡が。
ファミレスで合流し彼と容一そして竹生が従兄弟同士で、家主の美大生が桜井に興味がある様だと聞かされる。
店を出ようとすると、連れが忘れていったパスケースが。
彼の下宿先に届けようと暗がりの敷地を歩く途中、菖太とまいた容一からもらったという種が芽吹くも枯れてしまったことを思い出す。
あの種は何の花だったか…。

獣道を抜けるとデッサン中の容一に遭遇。再三の裏街道からの登場をとがめられ、一戦交えその場を去る桜井。
道すがら枯れてしまった芽を片付けたのは容一だったと気付く。不器用なだけで根はいいヤツなのか?あの若者はどんな絵を描くのか?
独特の佇まいを持つ彼に心を占められ夜が更ける。

設定の説明と伏線を張るための回でしたが、タイトルの”花は咲くか”にかけられたコマがありました。どう解くかは最終巻までお預け?!
後輩の話で、桜井は要領がよく何にでも帳尻を合わせることがきる人物だと判明。そんな彼も容一を持て余すわけで。

周囲に適応しなくても周りが合わせてくる環境に育つ容一は、自分の領域を侵食してくる桜井の存在が大きくなるといった流れでしょうか。
楽天家の様で核心をつく物言いの高校生・菖太は、脇の役割をキッチリ果たしました。
日高さんのムダのない配役と話の構成には毎度感心させられます。

漫画 花は咲くか をスマホで読んでみた結果

人気のある 花は咲くかを紹介したいと思います。 車と 犬と 海が好きですが 漫画本を読むのが大好きです。

趣味程度に 漫画などを 紹介していますので 是非漫画選びに参考にしてみてくださいね!!

尚こちらのブログでは あらすじや 感想 レビューなどを含みますので

一部ネタバレにつながる恐れがありますので 観覧委には注意してくださいね!!

■花は咲くか 著:日高ショーコ 1巻―第1話  版元:幻冬舎コミックス(バーズコミックス ルチルコレクション)
やり手広告マンの桜井は、仕事も恋愛も停滞気味で疲弊している37歳の独身男。
心機一転できればと、マンションを購入したが忙殺されて業務を持ち帰ることもしばしば。潤いのない生活が続いていた。
そんなある日、駅のホームで人がぶつかってきて社用で使う雑誌を落としてしまう。

運悪く、原因を作った男子学生が手に持つペットボトルも落下してしまって入手困難な冊子が水浸しに。
焦ってことの収拾にあたる主人公だが、悪びれない学生。
彼の態度に苛立ちを覚えながら手配に苦労した冊子の有様に愚痴をこぼす桜井に、学生は意外な提案をしてくるのであった。

 

37歳の広告マン×19歳・大地主の芸大生が織りなす年の差ラブ!
第一印象はマイナスからはじまる系♪作家が日高さんなだけに、外れはないと期待大のタイトルです。
落ち度があるのに上から目線の男子学生・容一が、芸術家でちょっと変わり者という人となりが伝わってきました。
彼があんなな理由は同居人が発するセリフからも伏線が見て取れましたが、単にアーティスティックなだけではなく事情ありげ。
桜井は消耗しているけど、スレている様でそうでもない大人。
レアな雑誌を台無しにされ、容一が所有する同一のものと交換してやると言われ彼の自宅に行くわけですが、
ちょっとした緊張&怒りモードだったはずが森の様に広い庭や大正期の古い家屋に興味を持ち、目を輝かせたりと独特の感性を持つオヤジなんですよ。

そんなオッサンが会社帰りに駅で顔面蒼白になっているところを、容一の同居人が下宿先に連れ帰って、ふたりが思わぬかたちで再会します。
リアクション大き目の攻めと無表情な黒髪の美人受けが、どの様に惹かれあっていくのか?楽しみですね。

女の体でイキすぎてヤバイ!!というタイトルの漫画

 

こんばんわ !! これから ありのままに ブログを更新していきますので これからどうぞよろしくお願いいたします。  さてみなさん 女の体でイキすぎてヤバイ というタイトルの漫画はご存知でしょうか?

こちらの作品は 森島コンさんの作品で  以前 大ヒットを飛ばした作品ですが・・・  しばらく更新されていなかったので  見る人が 徐々に少なくなって 少しづつ 影が薄くなってきていた 漫画でした!!

しかし  最近になって 女の体でイキすぎてヤバイ の記事が 更新されたので またまた 人気が徐々に上がってきて  ランキングに 食い込むようになってきました!!

でわ なぜこれほどまでに 女の体でイキすぎてヤバイ が人気があるのか紹介しておきましょう!!

 

女の体でイキすぎてヤバイ   の詳しい 紹介サイトが  こちらにありますので リンクを載せておきますね!!

 

→     →     こちら     女の体でイキすぎてヤバイはこちらです。

 

少しだけ  女の体でイキすぎてヤバイ について あらすじを紹介したいと思いますので  参考にしていただければと思います。

女の体でイキすぎてヤバイ 

この物語は  修学旅行に出かけて そこで起こる 体の変化を 描いた作品である!!  普通の高校生が 修学旅行で 定番のアレをやろうとしていた・・・  そう  アレとは  女子風呂覗きである!! 笑

男性の欲望をかなえるべく  女子風呂を覗くのかと思いきや・・・・・ この作品は  廊下にかけられている 暖簾のかけ間違いから 男風呂に入ったつもりが・・・ 実は女湯だった・・・・

更に その女風呂で  女性ホルモンを 高めてくれる浴槽に・・・ 落ちたことで  男の体が 女性に 変化すると言っった  ちょっと 特殊なHな漫画・・・・

女性の体に変身した所を  男友達が・・・・・・  というような 作品となっていますので!!  気になる方は 一度読んでみてくださいね!!

 

でわでわ

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !