↑  ↑  ↑  ↑

恋するランジェリー 第1話   無料試し読み 無料公開画像

各種ダウンロードは  画像を クリック

ランジェリー部門に所属しながら  自分の身に着けている下着があまりにも ずさん  という事で きちんとしたブラジャーを着用するために 美咲がデザインした ブラジャーを身に着けさせられるのであった。

美咲という 男の人前で そして 他の人も見ている前で  着替えさせられ 女性としての恥ずかしい部分を見せなければならない、更に 触れられる前に ブラサイズをチェックされたりと  恵がこれまで体験したことのない出来事が 一気に雪崩のように押し寄せてくるのでした。

訳も分からないまま 美咲のデザインした ブラを装着した時  恵は驚きを隠せずにいた。

 

この人すごい。

 

この人が作った ブラジャー 可愛さと 付け心地 機能性  すべてにおいて とても魅力的な ランジェリーだったからです。

ただの  よくある オネエだと思っていたのに、恵は この出来事を境に  尊敬する男性へと心を奪われるのでした。

と そのとき

 

人事部長の田所友実が恵の前に現れ美咲に何か変なことされていないか?と  尋ねられたのでした。

 

あの人  見た目は男性だけど じつはゲイなの・・・・  なんの突拍子もなく  ゲイという事を告白されて ショックを受けるものの

なんとなく  想像が出来ていた  恵だったのです。  しかし  ゲイであっても 男性は男性 に違いない という事で 気を付けなければいかない
と 自分にいいきっかす 恵だったのです。

 

ゲイであっても 男は男  もちろん 男性として意識しないという訳にはいかない。

しかし ブラジャーを装着するのも 仕事の一つ また  付け心地や 見た目など 試作のブラを装着して 綺麗だとか  可愛いね とか言われるのも
仕事の一環だ。  でも なぜか 美咲に 綺麗だね と言われると  心のどこかでドキドキしてしまっている恵の姿がどこかにかあったのす。

 

↑  ↑  ↑  ↑

恋するランジェリー 第1話   無料試し読み 無料公開画像

各種ダウンロードは  画像を クリック

こんな気持ち忘れてた・・・

ある日のこと 今まで 気にも留めていなかったが  身に着けている試着用の下着に 気がとられていた・・・

そういえば 私も昔  学生時代に付き合っていた 彼氏とデートするときは いつも 下着に気を使っていたな・・・

 

いつからだろう こんな 下着に気を示さなくなったのは・・・  この業界に務め 婦人部門に勤めてから  昔のような あの頃の気持ち 何処に行ったんだろう

と 昔を思い出すように 考え事をしていると

恵の前に 美咲がやってきた

よく見ると 美咲の頬は真っ赤に腫れている。 話を聞いていると  どうやら  美咲にも  彼女がいる様子で
昨日 その彼女と別れたのだとか・・・

その時 恵の中にあった 何かが 音を立てて 崩れたのでした。

え??  この人オネエなのに 彼女がいるの・・   続く